東金の風景
千葉県の中東部、九十九里平野の房総台地との境界に位置し、
古くから、農業・商業等の産業を中心に発展してきました。
八鶴湖・雄蛇ヶ池・山王台公園・東金ぶどう郷・さくらまつり・やっさまつり、etc......
様々な観光やイベント、レジャーなどの見所もあります。
古い歴史を持つ「東金市」に、皆さんも遊びに来ませんか?
八鶴湖   雄蛇ヶ池
■八鶴湖   ■雄蛇ヶ池
     
東金やっさまつり   日吉神社
■東金やっさまつり
毎年8月に行われる東金市最大のお祭りで、約2,000人が“連”を作り「やっさやっさ」の掛け声と共に盛大に練り歩きます。

■日吉神社−杉並木(右写真)
表参道約200mの両側には、幹周り4〜5m、高さ40m前後の巨大な杉が39本も立ち並んでいます。推定樹齢350年以上で、徳川家康が植樹させたと言われています。
     
日吉神社連合祭典   田間神社例祭
■日吉神社連合祭典   ■田間神社例祭
     
八鶴湖ボートカップ   東金ぶどう郷
■八鶴湖ボートカップ   ■東金ぶどう郷
     
キャンドルナイト    
■八鶴湖キャンドルナイト    

(C)Hakkakutei.co.jp for 2006 & Hakkaku Co.Since 1885