ヨガマットの素材

ヨガをする場合はヨガマットと呼ばれるマットの上でするのが普通ですが、ヨガマットがあるおかげでヨガの動きによって体を痛めることが無く、ヨガをすることができるようになっているわけです。ヨガマットの素材によっても体への負担は変わってくるので、自宅でヨガをする場合は特にヨガマットの素材にはこだわりを持ちましょう。

 

また、通販でヨガマットを購入する場合は購入する前に寸法を確認しておく必要があります。寸法を正確に測っていないと自宅にヨガマットが届いた場合にマットを広げてみると置けないという場合もあるので、部屋の寸法とヨガマットの寸法からヨガマットを選ぶ必要があります。

 

ヨガ教室に通う場合はヨガ教室の方でヨガマットを用意してくれている場合が多くなっていますが、通常のヨガの動きをするならまだしも、パワーヨガやホットヨガなどの発汗性の高いヨガをする場合はマットにもかなり汗が付くと思うので、ヨガ教室が用意しているマットでは衛生面で気になる人もいるかもしれません。

 

衛生面でヨガマットが気になるのであれば、自分でヨガマットを購入してヨガ教室に通うことをおすすめします。自分で運ぶ場合は持って行くことを考慮してできるだけ重量が無いヨガマットを選んで購入する必要があります。

 

ただし、あまり重要が無いヨガマットになってくるとクッション性が小さい可能性も出てくるので、体への負担が大きくなる可能性があります。

関連ページ

ヨガ教室の服装
ヨガ教室の服装について。
ヨガ後のシャワーセット
ヨガ後のシャワーセットは必要か?
自宅でもヨガを練習する場合
自宅でもヨガを練習する場合について。
水分補給は必ず必要
水分補給は必ず必要です。
ヨガ教室以外の選択肢
ヨガ教室以外の選択肢について。