鳥のポーズ

ヨガの動きの中には様々な動物の名前が付けられているポーズがあります。

 

これは動物の形をヨガの動きで体現することによって、本来使用していない体の部分が伸びて姿勢が良くなるということも関係しているのですが、いろいろある動物のポーズの中には鳥のポーズもあり、様々な鳥のポーズがヨガの動きに取り入れられています。

 

基本的に鳥のポーズは形が複雑なことが多いこともあって、中級者以上の形と言われています。いきなり最初から取れるポーズは少ないので、まずは初心者からできるポーズから始めて、少しずつ複雑な形のポーズが取れるようになってから鳥のポーズに挑戦してみるとよいでしょう。

 

鳥のポーズの中でもよく使われるポーズにハトのポーズがありますが、ハトというのは公園などで見かけるあのハトのことですが、ハトのボーズを取ることで内臓の機能が回復する効果や冷え性などの症状を改善することができるようになっており、これからも分かるようにハトのポーズをすることで血行が良くなります。

 

ヨガ教室でも一般的に取り入れられているポーズの一つですが、体が固いとハトのポーズをとることは難しいので、ヨガの初心者という場合や体が固いという人は最初に体を柔らかくすることから始める必要があります。

 

ヨガ教室に通っていると体は自然と柔らかくなり、どこが固いかによってポーズも変わってくることになるので、体の固さに合わせたヨガが最初は必要です。

関連ページ

ヨガで大事なのは呼吸法
ヨガで大事なのは呼吸法です。
ヨガに適した環境
ヨガに適した環境について。
ヨガで注意する点
ヨガで注意する点について。
様々な効果が期待できるコブラのポーズ
様々な効果が期待できるコブラのポーズについて。
初心者向けの前屈のポーズ
初心者向けの前屈のポーズについて。