動きよりも呼吸法が大事

ヨガ教室に通う場合に共通して言われるのは、ヨガにおいて動きよりも呼吸法が大事であるということです。

 

ヨガはあの独特な動きに効果があると思われがちで、もちろんあの動きが効果を発揮することは間違いないのですが、きちんとした効果が発揮できるようにしているのは動きに合わせた呼吸であり、正しいヨガの動きが出来ていても呼吸の方法が悪いとヨガによる効果を得ることはできません。

 

ヨガはゆっくりとした動きなので、基本的にヨガの呼吸法はゆっくりとした呼吸法になりますが、ヨガの動きをして自然に発する呼吸は思った以上に浅いので、ヨガをする場合は意識的に深い呼吸を心がけることが大事になってきます。

 

深い呼吸が意識的にできるようになってくると、呼吸から自然としたヨガの動きができるようになり、ヨガの動きによって効果を得られるようになってきます。

 

最初からいきなり正しい呼吸法を身に付けることは難しいと思うので、ヨガの時に限らず日常生活から呼吸に意識することをおすすめしますが、それが習慣化すると意識に呼吸を心がけることも容易になります。

 

また、ヨガの動きにはいろいろな動きがありますが、求める効果によってヨガの動きは変わるのが普通で、それによって呼吸法というのも変わってくることになるので、動きに合わせた呼吸法を心がけることが大事になってきます。

 

そのためにもヨガ教室に通って講師の人から正しい呼吸法を学んで実践しましょう。

関連ページ

ヨガに適した環境
ヨガに適した環境について。
ヨガで注意する点
ヨガで注意する点について。
様々な効果が期待できるコブラのポーズ
様々な効果が期待できるコブラのポーズについて。
初心者向けの前屈のポーズ
初心者向けの前屈のポーズについて。
上級者向けの鳥のポーズ
上級者向けの鳥のポーズについて。