前屈は続けることが大事

人と体の柔らかさを競い合う場合に前屈で体の柔らかさを競う人も多いと思います。

 

前屈というのは上半身を前方に傾けてどこまで傾けることができるというもので、ヨガのポーズの中でも多く使用されており、ヨガのプログラムではお馴染みの動きとなっていますが、前屈のポーズはヨガに限らず様々な体操にも取り入れられています。

 

前屈で手先が地面に着くか着かないかというのが、体の柔らかさを計る一つの要素となっているような感じがします。体が固い人になると指先はおろか、指先と地面にこぶし数個分の差が出来ることも珍しくありませんが、体が固いことは様々なデメリットがあるので、できれば改善したいところです。

 

前屈は続けることが大事ですが、前屈を続けているうちに少しずつ体が柔らかくなっていくので、最初は手先が地面に着かず、体を曲げるだけでも呼吸が苦しいくらいだったとしても毎日続けることによって確実に前屈の効果を感じるようになります。

 

辞めてしまうとすぐに戻るため長期的に継続させることが何よりも大事になってきます。

 

ヨガ教室に通ってヨガをする場合も前屈姿勢は基本的なポーズになっているので、確実に前屈のポーズは取ることになると思いますが、前屈のポーズを取る場合はできるだけ深い呼吸を心がけながらゆっくりとした動きをすることがポイントで、浅い呼吸と早い動きは効果を得られないばかりか、体を痛めてしまう原因になるので注意が必要です。

関連ページ

ヨガで大事なのは呼吸法
ヨガで大事なのは呼吸法です。
ヨガに適した環境
ヨガに適した環境について。
ヨガで注意する点
ヨガで注意する点について。
様々な効果が期待できるコブラのポーズ
様々な効果が期待できるコブラのポーズについて。
上級者向けの鳥のポーズ
上級者向けの鳥のポーズについて。